2013年09月26日

「史上最高のセミナー」はやはり怖い

欧米人は高い受講料を払ってもセミナーに行くが、日本人は無料セミナーであってもなかなか行かない、とどこかで読んだ気がする。私など、まさに典型的日本人で、退職して時間ができた今でこそ「無料の」セミナーには行くが、在職中は殆ど参加しなかった。まして、お金を払ってセミナーに参加するなどとんでもない、という感覚だった。
理由は大きく2つである。
ひとつは、セミナーという名前から怪しげな宗教を連想し、「洗脳される」「騙されてお金を搾り取られる」といったことを想像してしまう、ということである。
もうひとつは、他人の話を疑いもなく受け入れてしまうことが許せない、という私自身のこだわり(?)のようなものである。まして、ベテランのセミナー講師の話術をもってすれば、私などイチコロに違いない。

そんな私がつい手にしてしまったのが、マイク・リットマン、ジェイソン・オーマン共著「史上最高のセミナー」:きこ書房 である。本なら騙され度も低いだろう、という気持ちと、一体どんなセミナーに大金を払うのかを知りたいという(怖いもの見たさ)心理からである。

ラジオ番組のホスト(マイク・リットマン)が現代のスーパー成功者にインタビューする(監訳者まえがき)、というものである。
そもそも、マイク・リットマンなる人を知らないし、インタビューされている9人のスーパー成功者(億万長者になった人?)の誰一人知らない。まえがきや序文を読むうち、つまんないな、などと考えていた。だって、いまさら億万長者になりたくもないし、そのための努力などしたくもないもの。

しかし、読むうちに、さすがセミナーで稼げる人の言葉は違う!とつい引き込まれてしまった。いずれの人のひとことひとことが、なるほど、と思わせ、やればできそう、と思わせる。もしも私が一攫千金を狙っていたり、人生やり直したい、と願っていたら、お金を払ってセミナーに行くかもしれない。(怖い)

この中で、目からうろこが落ちた例を2つ挙げたい。

一つ目は、『金持ち父さん 貧乏父さん』(本屋で見たことはあるが読んだことはない)の共著者であるシャロン・レクター氏のインタビューに出てきた内容である。
●お金の世界には4つの異なる種類の人々がいる。従業員(E)、自営業者(S)、ビジネスオーナー(B)、投資家(I)である。SとBの境界は微妙なときがあるが、経営のシステムを構築できればたちまちBに近づける。
●自分自身の経済的な運命をコントロールするためには、IかBになることである。

私は、自営業者であれば、自分の裁量で自分の運命をコントロールできる、と勝手にイメージしていた。しかし、自営業者とは自分があくせく働き、自分がいなくなったら稼ぎがなくなってしまう、という状態であり、ビジネスオーナーや投資家は、自分が1年間ビジネスを放っておいても稼ぎがある、という状態であるということらしい。そのためには経営のシステムが必要、ということなのだ。

二つ目は、スモールビジネス向け経営コンサルティング会社E-Myth Worldwide(全然知らない)の創設者であるマイケル・ガーバー氏の言葉である。
●起業家が自問すべき何より重要な質問とは、「私の第一の目標とは何だろうか? 自分が生きたいと思う人生のビジョンとは、どのようなものだろうか? 生きているあいだに本当に望むものを手に入れられる人生とは?」というものである。
●起業家の商品はビジネスである。
●偉大な起業家は、偉大なストーリーを語るものである。

文字面だけ見ても何のことやら、と思うが、インタビューの中身を読むと納得できる。起業家は、売るモノ(技術だったり、製品だったり、ノウハウだったり)ではなく、それを含むビジネスのシステムを商品と考えなければならない。そのためには、自分の生きる目標から問い直す必要がある。
深い。

本物のセミナーを受けようとまでは思わなかったが、この本は熟読する価値がありそうである。
posted by 石田厚子 at 12:48| Comment(0) | 本を読む